お客様の声

 さん


62,3歳の頃に作り直した遠近両用メガネだけで過ごしてきたが、どうも目が疲れてボーとしか見えなくなり目がしょぼしょぼするようになってきた。メガネを外して目をこするとよけいひどくなる。「幸いに」
元々度がきつい近視だったため読書のときはメガネを外すと楽に読める。ところが、私的にも仕事
にもよく使うパソコンに向かうときはメガネを掛けなければ見えないので、長時間パソコンを使った
ときは特にひどい。そこで仕方なく、昨年(68)歳になって「近々レンズ」のメガネを新調して遠近両
レンズのメガネとの二刀流で過ごすことにした。
近々メガネを使ってみると、これまで目に無理をかけていたのを実感させられた。ずいぶんと
見え方が楽になったのだ。ずっと掛けていてもまったく目が疲れない。そうなるとすぐに疲れる
遠近両用メガネと取り替える気がしなくなった。読書、パソコンのときに限らず、外出にも近々
メガネで過ごすようになった。遠方がはっきり見えないでクルマの運転をするのは危険だと承知
していても見え方が楽な近々メガネのまま運転してしまうことも、しばしばになった。
それでもまた解決できない不満が残った。映画鑑賞や運転時に遠近両用に掛け替えるにしても、
近々メガネでは中間距離のものがよくみえないのだ。パソコンとの距離を少しあけるともう見えない。だからいつでもディスプレイに異常に接近した姿勢でいなければならないから、目よりも身体の方が先につかれる。もうひとつ、水彩画の趣味にはまっていて毎日のように絵を描いているので、1メートル先の静物や3,4メートル先にいるモデルなどのモイーフが良く見えないのが困る。
仕方なく、遠近両用メガネを掛けて描くと、今度は手元の画用紙の方がよく見えない。風景画でも
同じだ。遠方と手元を目が頻繁に往復するから、遠近メガネでも近々メガネでも目が疲れるのだ。もう近々と遠近に加えて「中近レンズ」メガネの三刀流でなければ過ごせない歳になったのかと
思って悶々としていた。「普通の」メガネ店ならば「じゃあ、中近レンズで作りましょう」と言われるだけかなと思い、どこか親身に対応してくれそうな「変わった」メガネ店はないものかとネットで検索していたところ「メガネのサンクス」のWebに行き着いた。ホームページを読むに連れ、石田さんという店主の熱意が伝わってくる。数多くの来店者の感謝の声も載っている。この店なら信用できるなと思えた。しかも。職場のすぐ近くにあるではないか。相談だけでもしてみようと出かけたのが来店の経緯である。
ホームページに書かれているとおり、じっくりと話を聞いてくれ、裸眼の現状と手持ちのメガネとの
整合性など各種の検査を 2時間以上もかけてやってもらえた。これまでいろいろなメガネ店で
メガネを作ってもらってきたが、初めてやる検査も数種類あった。その対応ぶりは親身であり、
売上を上げることだけを目的にされている訳ではないことが感じられた。
その結果、目の老齢化老眼()が進んで近眼の程度が低くなっていること、乱視の軸が変わっていること、軽い斜視があることなどが指摘された。対策として斜視を矯正するプリズムの入った
中近レンズの
近中
 


   
   


   
   


   
   

 

<< 戻る

Photo: 店内風景

メガネのサンクス

代表 石田 金治郎
〒562-0001
大阪府箕面市箕面6-4-24
サンクスみのお1番館2F ≫地図
TEL 072-723-5432
営業時間 AM10:00~PM6:30
定休日 毎週水曜日、第2,3火曜日

ページの先頭へ戻る