ログイン
HOME » よくいただくご質問
よくいただくご質問
物が二重に見える事があります。メガネでなおりますか?
病気でなければ改善できることが多いです。
もし片目でも二重に見える場合は乱視の可能性が高くきちんと補正すれば改善する事ができます。一方、両目で見た時に二重に見える場合は右目と左目の視線が別方向を向いた状態(斜視)の可能性が高いためプリズムレンズを使うことで改善できる可能性があります。
まれに黄斑前膜(黄斑上膜)などの影響で左右での大きさが違って見える事で二重に見える事もありますが当店のレンズで調整する事が可能です。

その他に白内障、円錐角膜(角膜が円錐状になる病気)など加齢変化や病気が関係している事もあるため、検査の結果によっては眼科での受診をお勧めする場合もあります。
疲れるとピントが合いにくいです。どうしたらいいですか?
ピントの合いにくさの原因によって対処が変わります。
単純にメガネの度数があっていないため目に負担がかかっている場合はもちろん度数を合わせなおします。特に乱視が合っていない・きつすぎる度数のメガネを使っている方は目が疲れやすくピントが合いにくくなる事が多いです。また年齢が40歳以上の方は老眼によりピントが合いにくくなるので無理をせず老眼鏡や遠近レンズを使って目に負担をかけないようにする事が大切です。

その他に、両眼視異常(斜視・斜位など)がある場合は両目で見た映像を脳の中で上手く1つにする事ができないので疲れてくるとピントが合いにくくなります。その場合はプリズムレンズを使って両目の映像をバランス良く見えるようにする事でピントがはっきり合うようになります。
左右で大きさが違って見えますがメガネで補正できますか?
はい。左右のレンズ倍率を調整することで大きさの違いを補正することが可能です。
黄斑前膜(黄斑上膜)などの影響で左右で大きさが違って見える事があります。このような場合、手術でも直すことができず慣れるしかない事がほとんどでしたが、当店では左右のレンズ倍率を調整する事で大きさを補正することができます。

症状のひどい方では左右で大きさが違って見える事で複視(物が二重に見える状態)になることもあります。当店では長年複視の症状に悩まれていたお客様にメガネを使用していただき複視の症状が改善したケースがあります。
全国でもほとんど取り扱いのないレンズですので悩まれている方はぜひご相談ください。
斜位とは、どういう状態を言うのでしょうか?
右目と左目の視線にずれが生じている状態です。

症状としては、眼精疲労や頭痛、肩こりが多いです。
左右の視線を無理に合わせているので、疲れが溜まるとピントが合いにくくなったり、物がダブって見えることもあります。(例 テレビの文字が二段に見える。本を読んでいて行を見間違える等)
 
また斜位が強いと遠近感も分かりにくくなります。(例 運転の時に距離感を感じにくい、ボールを使ったスポーツが苦手、階段の昇り降りで段を見間違う等)
人によって症状は様々ですが不調の原因が実は斜位であるケースは意外と多くあります。
特殊な視力検査のようですが、通常の検査と何が違うのでしょうか?
通常の視力検査は片目ずつの視力を測定してそのままメガネを作成します。

当店の両眼視機能検査は片目ずつの視力検査をベースにした上で、両眼で見たときに快適な度数になっているか、左右の目がバランスよく使えているかなど視力だけでは分からない視覚機能を測定して眼鏡をおつくりしています。
費用はいくらぐらいかかりますか?
単焦点レンズ¥15,400~(税込)
遠近両用レンズ¥33,000~(税込)
※その他、薄型加工やプリズム、カラー等が必要な場合はオプション料金がかかります。

検査のみご希望の場合は初回検査料¥6,000がかかります。
※眼鏡を作成する場合は検査料は頂いておりません。
※2回目以降で検査のみご希望の場合は検査料¥3,000
眼鏡を購入した後、合わない場合には対応してもらえますか?
2~3週間試していただき、どうしても合わない場合は交換対応させていただきます。
その際、加工代として4,000円位申し受けています。
また、プリズム度数の変更の場合は変更になった度数分を別途いただく場合もあります。

なお、メガネの度数が合っているかどうか、再チェックのために3か月以内を目安にご来店いただき、見え方の確認をさせていただいております。
Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有